概要

施設名 特定非営利活動法人クオーレ すこやか作業所
定員 20名
所在地 〒136-0072 東京都江東区大島4-1-6-146
(大島四丁目団地6号棟1階)
電話番号 03-3638-3762
FAX番号 03-6315-5151
代表者 理事長:笹原 力(ササハラツトム)
設立年月日 昭和61年5月12日
従業員数
  • 施設長(サービス管理責任者)1名
  • 生活支援員 2名
  • 職業指導員 2名
  • 調理員兼職業指導員 1名
  • 目標工賃達成指導員 1名
事業種別 障害者総合支援法に基づく就労継続支援 B型

地図

都営新宿線
西大島駅 A4出口より徒歩7分
都営バス
大島3丁目 下車徒歩4分
大島1丁目 下車徒歩5分

沿革

1986年5月12日 大島5丁目に当時の地域の保健婦・住民などで作る「江東 老後をよくする会」が8坪程の広さの部屋を借り、開所する。老後をよくする会会長の細谷嘉三が所長に就任。初めの半年は専従職員もなく、「老後をよくする会」のボランティアと保健婦が交替して支える。当初作業は箱折りなどの内職を行っていた。
1986年10月 専従職員(非常勤)が入り、ボランティアと交替で運営を行う。
1987年1月 牛乳パックをリサイクルした手漉きハガキ作りを始める。
1987年4月 第1回目の移転。16坪の広さの作業所となる。最初の一年間は公的補助金が交付されなかった。
1987年6月 Bランクの小規模作業所として江東区に補助金申請し、初めて補助金が交付される。
1988年 東京都共同募金会からの助成により、羊毛を紡ぐ電動糸紡ぎ機を導入し、手紡ぎ毛糸製作を開始。作業内容が、はがき漉きと手紡ぎ毛糸の製作・販売となる。
1989年4月 作業所の西側に新築ビルが建ち、その1階も借り、計26坪の作業所となり、ショーウインドウが完成。Aランクの作業所として補助金申請。作業として機織りも始める。
1992年12月 ハワイ旅行(初の海外旅行)
1994年1月 2回目の移転。60坪の広さの作業所となる。
1997年6月 第三大島小学校2年生との交流会始まる。以後毎年、年間を通じた相互交流を続ける。
1998年8月 映画「どんぐりの家」上映会開催。
1999年4月 ワゴン車を導入し活動の範囲が広がる。
2000年1月 景気の低迷により、自主製品の売上不振が続く。工賃収入の安定化のために、カタログ封入等の下請を始める。
2000年2月 きょうされん東京支部 中途障害部会主催「第1回全都中途障害者作業所仲間交流会」に参加。以後毎年参加し、都内の中途障害作業所同士の交流を重ねる。
2001年3月 江東区社会福祉協議会を通じ(財)中央競馬会馬主社会福祉財団の助成を受け、「和紙風再生紙の簡易式紙漉装置」を導入する。これにより、A3判以上の大きさの紙が漉けるようになった。
2002年4月 所長に大島房徳が就任
2004年2月 都市公団 大島四丁目団地6号棟の「旧大島四丁目学童保 育クラブ」跡地に3回目の移転をおこなう。
2006年3月 都市公団 大島四丁目団地2号棟に分室として、自然食品と手作り品のお店『ぱるてる』をオープン。
2006年11月 東京善意銀行を通じて、花王よりトヨタ自動車「ノア」の寄贈を受ける。車椅子利用者の送迎が可能となる。
2007年1月 NPO法人愛音(埼玉音楽療法研究会)の協力により、月1回の音楽療法を始める。
2008年2月 ペットフードの計量、袋詰め作業スタート。(現在の主力作業となる)
2008年12月 江東区社会福祉協議会を通じ(財)中央競馬会馬主社会福祉財団の助成を受け、ペットフード作業用の電子はかり、シーラー等を導入する。
2011年11月 授産作業の物品輸送用として東京都共同募金会より、トヨタ自動車「レジアスエース」の寄贈を受ける。
2012年6月27日 特定非営利活動法人クオーレ設立総会開催。
理事長に大島房徳が就任
2012年10月11日 東京都より特定非営利活動法人設立認証を受ける。
2012年10月17日 法人設立登記完了
2013年1〜3月 東京都小規模作業所法内化整備費補助事業を利用し、施設の改修工事を行う。(その間、亀戸2丁目へ仮移転し 活動は継続して行う。)
2013年4月1日 就労継続支援B型事業所として、活動をスタート。
2013年4月30日 作業所機能強化の為、分室『ぱるてる』閉店。
2014年2月10日 理事長に吉田丈夫が就任
2014年11月 東京都の受注促進・工賃向上設備整備費補助事業を利用し、ペットフード用の自動計量機を導入する。
2015年3月 公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会よりリフト付きバス (日産 キャラバン)の寄贈を受ける。
2015年4月23日 理事長に 笹原力 が就任
2015年8月 制服向上委員会の夢フェスin富士急へ参加
一泊旅行にご招待いただきました。
2016年2月 日本財団の福祉車両助成事業により ホンダ ステップワゴンの寄贈を受ける。

ボランティア募集

「すこやか作業所」では、ボランティアとして活動してくれる方を随時募集しています。利用者の方々がより充実した時間を過ごすために皆さまのご理解・ご協力を広く募っております。ボランティアさんには主に、利用者が行う作業のサポートをお手伝いいただいています。年齢、経験の有無など問いません、あなたの空いている曜日や時間で結構ですので、地域の方々の積極的なご応募を是非お待ちしております。お気軽に見学、お問い合わせください。